windows7から10への移行、初期設定編

2021年1月20日

windows7から10への移行、初期設定編

この設定はcoicraの社内システム用のメモになります。

ドライバのインストールの注意点

予め、更新インストールを行うCドライブからのデータ移動は最初にしておきます。
少なくとも必要なのは、
「文字フォント」「辞書変換」
更新インストールを行った後、何かのタイミングで、上記のデータを移動するとよいです。


最近のパソコンは、Cドライブを、M.2やSSDを使って高速に起動させるようにされる方が多いです。
しかし、写真や音楽、画像のデータを保存することが多く、データ量が多くなるとM.2やSSDでは大容量は価格もまだまだ高価なので、別付けのハードディスクなどを用意して、M.2やSSDにはOSとソフト(アプリ)を入れ、データはハードディスクに保存される方も多いと思います。
coicraでは、間違って消してしまったときのデータ普及が大変なので、デスクトップやマイドキュメントはCドライブのまま使ったほうが良いとされていますが、こちらも、ハードディスク(Eドライブ)に移動をしています。
その際の設定方法を「備忘録」として残すことにいたしました。

windows7から10への移行の前準備

インストールするハードディスク部(SSD,HDD)と、インストールを行うためのDVDドライブ(Dドライブ)のみ接続を行い、メモリーカードドライブ、別のハードディスク(Eドライブ)などの予備ディスクなどの接続を抜いておくこと。

インストール完了後に、下記の設定を行います。

windows7から10への移行のインストール時の問いへの対応

windows10のインストールについては、windows7から10の移行ディスクをダウンロードした後に、通常通り、一旦電源を落とし、起動時に(F11)の起動ディスクの選択を行って、DVDよりインストールを行う。
「企業用に設定」
「オフラインで使用」
「代わりのMicrosoftのログインはいいえ」
名前はアカウント名でパソコンの識別がしやすいものを使う。

windows7から10へインストール完了直後

インストール完了後、すぐに行うこと。
「PC」と「コントロールパネル」を「スタートメニューにピン留めする」(インストール時に確認を行うことが多いため)
スタートメニューの不要なゲーム系のピン留めを外す。
タスクマネージャーをタスクバーにピン留めをする。

「update」よりwindowsの更新インストールを行う。
この時、グラフィックボードなども最新のドライバに自動でインストールされることが多い。

ドライブの接続(下記の初期設定完了後が良いです)

ハードディスク(Cドライブ)、DVDドドライブ(Dドライブ)に続いて、
電源を一度落とした状態から、ハードディスク(Eドライブ)を接続。
もう一度、電源を落としてから、メモリーカードドライブ(Fドライブ以降)を接続。

windows7から10への移行、初期設定編

高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップ(クイックスタート)を無効にする。
「コントロールパネル」「ハードウェアとサウンド」「電源オプション」「左メニューの電源ボダンの打往査の選択」「現在利用可能でなはないお設定を変更します」の「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外す。理由は、起動時にエラーが発生しやすいため。

windowsセキュリティの設定

「windowsセキュリティの設定」で「ウイルスの境地の防止の設定」を有効にする

フォルダオプションで拡張子の表示

何でもよいので、フォルダを開いて「メニューバー」の「表示」から、一番右の「オプション」「表示」から、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す。

USB電源の設定

USB電源の供給がされれている場合、スマートフォンの充電などをしないのであれば、電源供給をしないようにして、節電を行う。ASROCKなどのユーティリティソフトで、電気供給アプリを入れてしまうと、設定が反映されなくなるので注意。

画面一番左下の「windowsメニューで右クリック」「電源オプション」の「電源とスリープ」の画面の右メニューに「電源の追加設定」を選ぶ。「プランの設定の変更」「詳細な電源設定の変更」の「USB設定」の「セレクティブサスペンドの設定」を無効にすると、電気供給が行われなくなります。

ユーティリティソフトのインストール

マザーボードに入っているドライバ、ユーティリティソフトのインストールを行います。
windows7から、windows10に変更される場合は、ドライバも、ユーティリティソフトもバージョンアップされている物ばかりです。マザーボードのメーカーに問い合わせをして、最新バージョンをダウンロードされるのが良いです。

ASRockだと「https://www.asrock.com/support/」のサイトから、最新バージョンをダウンロードできます。