Excel(エクセル)を使って電子印鑑を無料で制作する方法

2021年1月20日

Excel(エクセル)を使って電子印鑑を無料で制作する方法

Excel(エクセル)に、アドオンを追加インストールすることで、電子印鑑を無料で制作することが出来ます。
銀行印と実印は、実物が必要になります。
プリントアウトをした書類に、後から印鑑を捺印するのも良いですが、プリントアウトをする書類に、予め認印が捺印されている状態で出力する方が、手間が省けてよいです。

元々ある、捺印をスキャナーで読み込み。。。という作業も良いですが、
Excel(エクセル)に、アドオンを追加インストールする事で、無料で制作できますので、作られるとよいです。

Excel(エクセル)電子印鑑を作る

大好きな窓の杜に「Excel電子印鑑」というページがあります。
ここから、安全にダウンロードをしてください。
Excel2010以降の場合、アドインインストール用.xlsを開き、コンテンツの有効化を選び、インストールボタンを押すだけです。
ダウンロードをされたファイルに、説明書も準備されているので、詳しくは説明書をご覧ください。

Excel(エクセル)を使って電子印鑑を無料で制作する方法

Excel(エクセル)電子印鑑をインストール後

Excel(エクセル)電子印鑑は、インストールが完了すると、右クリックしたメニュー内に表示されるようになります。最初に印鑑設定をします。

Excel(エクセル)を使って電子印鑑を無料で制作する方法

電子印鑑は、5種類使えます。
認印の名前の箇所にお名前を入力すると、右側に表示がされます。

お好みのフリーのフォントをダウンロードをしておくと、印鑑の印影にも使えるようになりました。