法人会社設立で、振込証明書の書き方

2021年1月20日

振込証明書の書き方に、特に決まった体裁はありません。
「資本金の振込み完了後、2週間以内に登記を行う」
という決まりがある為、登記日時より逆算して、資本金の振込みを行うようにいたします。

振込証明書の書き方

法人会社設立で、振込証明書の書き方

振込証明書を製本する

振込証明書を製本します。
必要なものは、

  • 通帳の表紙
  • 通帳の表紙の裏面(金融機関名、本店支店名、口座番号、口座名義人のページ)
  • 振込の事実が確認できるページ(最終通帳記載日)

    もしくは、インターネットでの口座残高及び、直近の振込実績

上記のコピーを取ります。
払込証明書を一番上にしてすべてを重ね、ホチキスで止めた後、ページとページの境目に契印(割印)を押して完成になります。